全く儲からないネットワークビジネスをやっていた両親とその顛末

ネットワークビジネス お金の話

昔、オフクロはよく
ネットワークビジネスをやっていました。

当時は今のように
情報インフラが整ってませんから、
「儲かる」っていう話があれば、
喜んで飛びついたのでしょう。

その後、どうなったか?

その時のエピソードを綴ります。

スポンサーリンク

両親のやっていたネットワークビジネス

24時間風呂、布団、サプリ、アクセサリー


我が家の風呂に、
ちょっとした金具がついています。

風呂場の金具

これは、『24時間風呂』といって、
24時間いつでも風呂に入れる、
という機械を設置するための
金具でした。

オフクロは、これを売る
ネットワークビジネスを
一時期やっていたことを
思い出しました。


これの値段は
もう覚えてはいませんが、
ン十万と聞いた覚えがあります。

確かに、いつでも風呂に
入れる状態ではありましたが、
結構すぐに
無くなったと記憶してます。

壊れたのかな?


これの他にも、
オフクロがやっていたのは

布団

なんか特殊素材の布団で、
これに寝れば健康になるという奴。
一枚7万円程。
しばらくは私が
この布団を使っていました。

まあ、可もなく不可もなく、
な感じでしたが・・・。


あと、『サプリメント』『化粧品』の類。

当時はサプリという言葉が
あったかどうかも解りませんが、
昔から、健康食品の類は、
主婦の副業であったようです。

サプリメント
サプリメント



私が子供の頃は、
家には聞いたことのないメーカーの
石鹸、シャンプー、サプリメントが
たくさんありました。


時々オフクロが、
いろんな人にこれらを
勧めているのを
見たことがあります。


これらは、結構長く、
やっていましたね。


もうあれから
30年以上経ちますが、
これらは、まだあるようです。


オヤジも副業をやった時期がありました。
ネットワークかどうか解りませんが、
香りのペンダントみたいな

アクセサリー』でした。

ロケットペンダントの中に、
芳香剤を入れておいて、
良い香りがするっていうものですが、
これが一つ2000円ぐらいで、
中の芳香剤が無くなったら、
また中身だけ買い変えて
リピートする、というシステム。

子供の私でも思いましたが、
超ダサいペンダントでした(笑)

その後、顛末

どの副業にしても、
ネットワークビジネスですから、
自分がまず買わねばなりません。


毎度毎度、それなりの
出費をしたことでしょう。

我が家は生活は厳しかったので、
借金をして、資金を作ったのだと思います。


結局、その借金を返せるほどには
儲からなかったのでしょう。

でなければ、
辞めているはずがありません。

結局、何一つ儲からなかったのだと思います。


私が覚えている限りの「その後のエピソード」を記しますと・・・。

「24時間風呂」

オフクロはこれを
一番上の叔母さんに売ったようです。

おばさんはこれ以外にも
いろいろ買ったことがあるようで

「もう二度と買わない!」

と、こぼしていたといいます。


おそらく私の知らない

ネットワークビジネスを
他にもやっていたのでしょう。

風呂


そんなこともあってか、
この叔母さんと我が家は
仲がどんどん悪くなり、
絶縁状態になりました。


原因はこれだけではありませんが、
親父と叔母さんの確執は、
凄まじいものがありました。


親父が死んだ時に、
親戚からいろいろ
聞いたことですが、
やはり、金銭トラブルが、
親族中であったらしいです。


仲が悪くなるのは、
やはりお金関係からですかね。

「布団」

布団

布団のときは、
オフクロはこれを、
従姉妹に売ったようです。

で、その人の旦那が
すっかりネットワークビジネスにハマって、
次の日に会社に辞表を出し、
本業で布団を売ると言い出したとか。


もう、その家は大騒ぎで、
家族中でやめるように説得して、
もちろん、オフクロのところにも
一家で飛んできました。


家で親族会議が
開かれていたのを覚えています。

「いらん物を売りつけやがって・・・」
ってそんな気分だったんじゃ
ないでしょうかね。

「サプリメント」

これに関しては、
どんなことをしていたのか
よくは解りません。

でも、結構長い間、
このサプリは使っていましたね。


私の記憶をたどった予想ですが、
オフクロに勧めてくれた人が
結構なお金持ちで、
オフクロもそうなりたくて、
お付き合いしていたようです。


その人のランクが上がった
とかなんとか言って、
パーティーのようなものにも、
ちょくちょく行っていました。

集会がある、といって
泊まりでどこかに行くこともあって、
それが親父は気に入らなかったようです。


オフクロはこういうところで
主婦友を作っていたようで、
交友関係が広がるという点では
良かったのかな?と思います。


ただ、これに関した出費は
それなりにあったんじゃないでしょうかね。

「アクセサリー」

ペンダント


これに関しては論外でした。

物を仕入れたは良いものの、
これといった販売ルートもなく、
どうするつもりだったのか、
さっぱりわかりません。


一個でも売れたのかなぁ?


しばらく経って、オフクロが、

「あれ、仕入れるのに50万かかったの」

ってこぼしていたのを覚えています。


親父は短気な性格ですから、
ちょっとやってみて、
ダメと思ったら、
すぐ放り投げる人間です。


放り投げた姿を見て、
オフクロはぼやいたのでしょう。

副業は「お金が欲しい」から失敗する

今、思い出しただけでも、
両親は、いろんな副業を
やっていたなと思います。

で、こんな私から見ても、
馬鹿なことをしたもんだな、
と思います。

貯金箱


そもそも、
営業も販売も経験のない人間が、
いきなり物を売れるはずがありません。


今と違って、
ネットとかありませんから、
直で売るしかないのです。


知り合い中に声をかけても、
儲かるほどには
売れるはずがないのに・・・。


特にアクセサリーなんて、
親父は常に
グンゼのパンツ一丁で
外を出歩く人間なのに、
何を血迷って
ファッショングッズを仕入れたのか?
って感じです

私もしかりですが、
副業で失敗する人は、
お金に困っている人が多いです。

お金が欲しいが為に、
適性があるかどうかも判断せずに、
手を出してしまう。


ビジネスをやりたいのではなく、
「お金が欲しい」
が出発点だから、失敗するのです


これは、今も昔も
変わらないことじゃないでしょうかね。

お金と時計

コメント