ダイソーのペンキでは量が足りなかった

一回塗り 掃除
スポンサーリンク

ペンキの重ね塗りは注意が必要

さて、今日、とっても天気が良いです。
やろうやろうと思っていた
障子の塗装をやります。

私はDIYは苦手ではないのですが、
ペンキ塗りなどの塗装は
あまりやったことがありません。


なので、先に、
ちょっと調べておいたのですが、
家の至るところの木部は、
おそらくニスで
仕上げてあると思うのです。

で、これの上から重ねて塗るには、
どの塗料が良いか?ですね。

ニスとか、オイルステンだと、
木目が出て良いのですが・・・


で、参考にしましたのが、このサイトです。

柱・窓枠・巾木などの木材に塗るおすすめの塗料やペンキ|DIYショップRESTA
木材は部屋のあらゆるところに使用されていますが、それぞれの場所や木材の状態によってメンテナンスに最適な塗料が異なります。オイル塗装、ニス塗装、エナメル塗装、それぞれおすすめの商品をピックアップしましたのでお部屋に合わせた塗装選びの参考にしてください。

これによると、どうやら、
水性ペンキが一番簡単なようです。


水性ペンキなら
ダイソーで売ってるだろう、
といって買ったのが昨日の奴です。


ペンキ塗りは人生でも
数えるほどしかやったことがない。
しかし、なんとかなるでしょう・・・


・・・と、この安易な考えが、
大失態になるのですが・・・・

まずはヤスリがけ

まずは、ヤスリがけです。
昨日一緒に紙やすりも買いましたので、
一番細かい目のやつで、
全部一通りヤスリがけしました。

ヤスリがけ


いや、これ、思ったより大変で、
これだけで1時間半ほどかかりました。

単純な板、なら簡単なのでしょうが、
格子の組み木一つ一つに
ヤスリがけしていくのは、
予想以上に心が折れました(笑)

暑いし・・・・

日陰での作業にして、
なんとか終えました。
雑巾で拭いて、
いよいよペンキ塗りです。

量が全然足りないことに気づく

最初は、ペンキのボトルから、
直で刷毛に着けて塗っていたんです。

ペンキ塗りボトル

でも、何か違うぞ!?と。(笑)
違和感を感じていました。


で、塗っていたら、
どうも刷毛の進みが悪い。
すーっと進まないんですね。


あ!そうっか!

薄めなきゃいけないんだ(笑)


ということで、
ペンキを出すトレーの
代わりのものを準備しまして
(納豆のトレー・・・笑)
無事、薄めて塗り始めました。

ペンキ塗りトレー

そうそう、こんな感じ。刷毛はすーっと進みます。



で!ここで大変なことに
気づきました。


ペンキは2回塗りだ!」と。


一回じゃダメなんです。
2回以上重ねて塗らなくちゃ
綺麗にならない。


げ!

それじゃあ、
ペンキ足りないじゃないか!と。


そう、ダイソーのペンキは
小さいところなら、
非常に便利な量ですが、
そこそこ大きいところには
足りません。


今回は、ボトル見たら、
一本につき80ml、
塗布面積0.8㎡と書いてあったので、
充分間に合うと思ったのですが、

「1回塗り」

としっかり書いてありました。

ダイソーペンキ



2回塗りだと
60センチ四方ぐらいしか
塗れないことになります。

それじゃ足りないね〜〜

ダイソーのペンキは値段は安いが、用途によっては考えもの

仕方がありません。
今日は全部を一回だけ塗って、
後は後日、充分乾かした後にしましょう。


どのみち、今日は
ヤスリがけで時間取っため、
一回塗り終わっただけで
17時を回ってしまいました。

2回目は塗れません。

また明日、買いに行って、
その後に2回目を塗りましょう。

一回塗り

今日はたまたま
2日間に渡っての
ペンキ塗りになりましたが、
一日で全部やるようなときは、
ダイソーの小さいボトルだと、
ちょっと面倒かも知れませんね。

今日は3本使いましたが、
実際は全部で6本必要になります。

それなら、ちょっと大きめですが、
普通にホームセンターで
それなりの大きさのものを買ったほうが、
手間ではないですネ。

ペンキの濃さとかも
安定するでしょうし・・・。


しかし、値段で言えば、
ダイソーのものが安いですが。


今回は安くあげようとして、
色も適当にあるものでやりましたが、
本来こういうインテリア系のDIYなら、
色にはこだわりたいものです。


ダイソーのは、
使える色が多いので便利ですが、
色味がイメージと違うときは、
無理せずに
普通のペンキ使ったほうが
良いでしょうね。

何個も買うの、めんどいし・・・(笑)

太陽
地元じゃないよ


明日、また3時間かけて歩いて買いに行きます。
日よけのない一本道を歩くので、
熱中症になりそうです。
用心していきましょう。

コメント