病気、そして、再び無職へ

日記2022~

こんにちは。元三郎です。

先日、仕事を辞めました。
またまた無職になってしまいました。
今回ばかりは、なんの見通しもありません。

途方に暮れております。


それは退職の理由が「病気」だからです。

医者の診断書を会社に提出して、
相談の上、退社することにしました。

続けていてはおそらくは
病気が治ることはないだろう、との判断です

やれやれ、これからどうしようか・・・?

まあ、ゆっくり考えよう・・・

スポンサーリンク

人生初の病気

私は今まで、特に大きな病気をしたことがありませんでした。
54歳の今になるまで、かなり健康な部類だったと思います。

しかし、今年の初めごろから
何かしら体調が悪く、
「眠れない」「胃の調子が悪い」「食欲がない」
などが続いていました。

そして6月末に、とうとう仕事中倒れてしまったのです。

意識を失って厨房内で倒れてしまいました。

幸い、直ぐに意識は戻り、立ち上がることはできましたが、
倒れた時にできたであろうアザが、ヒザに大きくできていました。

病院に行き、いろいろな検査をした結果、
不整脈が見つかり、
「いつ倒れてもおかしくない状態」
とのこと。

医者からはできるだけ早い手術を勧められましたが、
執刀医の判断で、

「一旦職場環境を変えてみたらどうでしょうか?
その上で、変化が無ければ手術します。
たとえ簡単な手術でも、やらないに越したことはない」


と言われました。

先生的には、職場内での
負担の少ない部署への移動を想定していたようですが、
今の職場の厨房内で、どんな部署、どんな時間帯に移っても
たいして楽にはなりません。

むしろより大変になることでしょう。
なので、これ以上今の職場で働いても、
体調が良くなることは無いだろう、と判断しました。

今の環境を変えなければ、たとえ手術しても
完治する見込みは低いことが予想されますから。

一度壊れた身体は、
たぶん同じことをしていては治ることはないと
思えるのです・・・・。

人生初の病気退職

倒れたのも初めてなら、入院とか、手術なんかも初めてです。

おかげで健康にはかなり無頓着だった自分がいます。
なので、今回の件はかなり精神的ダメージが大きかったです。

おまけに、突然仕事を失うことになって、
これからどうしようか、と途方にくれました。


幸い、病気による退職なら、
失業保険は直ぐに出るらしいですから、
いきなり食うに困ることは無いでしょうが、
それでも、次の職探しは
困難を極めるでしょう。


・・・・・それより
まずは、身体を休めなきゃだな。


いきなり、時間ができました。

せっかくの貴重な時間です。
有意義に使いたいと思います。

コメント