「断捨離」は登録商標だった

整理整頓 おススメ本
スポンサーリンク

もはや定着した「断捨離」という言葉

●やましたひでこさんの本

私も読んだことがあります。もはやおなじみになったやましたひでこさんの本「断捨離」です。
わたしもこの辺のブームに乗って、部屋の片づけを真剣にやりました。
いまでもそのときに学んだことは生きています。

最初はなかなか棄てられなくて、自分の中でかなり葛藤しました。
しかし、繰り返しやっていくうちに、
棄てられないのは「物」ではなく、それに対する「執着心」だと考えるようになりました。
心とか気持ちを呪縛から解いてあげることで、
ずいぶん軽くなったと感じたことを覚えています。

今、私は、なるだけ物を少なく生活することを心がけていますが、
間違いなく、この本の影響を受けています。
人生が変わった、というほど大げさには変わっていませんが、
生き方が変わったことは否めません。

確実にお勧めできる良書だと思います。

「断捨離」と言う単語は使えない

さて、この「断捨離」という言葉ですが、やましたひでこさんの登録商標だそうで、
勝手に使ってはいけないものだそうです。

実は数年前からも言われていたのですが、このニュースでまた広まりましたね


『ナカイの窓』が「断捨離」使用でトラブル、終了にも影響か


https://www.news-postseven.com/archives/20190522_1375738.html


私も詳しくないので、私的な見解ですが、なんかしらの収益が発生する場で、
何かを「断捨離」と称しちゃいけないよ、という事だと思います。

全くの個人ブログであれば大丈夫ですが、
広告などの収益が発生する仕組みがあるのであれば、引っかかる可能性はあります。

ブログやSNS上で自分の名前や、ブログ名に
「断捨離」と名付けている方も多いと思いますが、
広告を張っていたり、そういうブログに紐づいていれば、
たぶん引っかかりますね。気をつけましょう。

「断捨離」の意味が正しく伝えられていない!?

ではなぜ、また今になってこの話題がでるようになったかというと、
どうも「断捨離」の意味が正しく広まっていないから、というのが背景にあるようです。

受け取る側がどのように受け取るかは自由だと思いますが、
発信する側が、発信する時点で取り違えているのであれば、
確かに提案した本人からすれば、黙認するわけにはいかないでしょう。

思想、考え方を広めるのは自由だけれども、
それを断捨離と呼ばないで、ということなのでしょうね。

確かに、私も掃除、片づけを実践するうちに、
最近は少々「断捨離」の意味合いが変わってきているように感じます。
SNS上で「今日は○○を断捨離しました~」とかあげている人を見ると、
ちょっと「?」と思います。
そうじゃなかったような気がする・・・・。

私は断捨離の公認コンサルタントではありませんので、
100%理解している必要はないし、
私がどうこう言う立場にはありません。
しかし、情報を発信する側の人間として、
「断捨離」とは何か?正しい情報を知っておくべきかとは思います。

今一度またこの本を読み直して勉強してみようかなと、と思いました。

あ!引越しの時、この本捨てちゃった!
(断捨離?笑 ← 多分間違った使い方)

コメント