新しい習慣

日記

こんにちは。元三郎です。

こっちで働き始めてから、2週間ほど経過しました。
ぼちぼち日々のルーティーンができ始めて来ています。


「環境が変われば人は変われる。」
「変わろうと思ったら、まずは環境を変えること。」


よく言われることですが、
本当にそうだと思います。


現在、今までに無かった習慣が
自分の中に形成されつつあります。

そんな話を・・・

スポンサーリンク

掃除機は毎日かける

今の部屋は、何でも白が基調になってます。
壁も床もインテリアも白だらけです。


それに合わせて、自分でも白に近いものを購入しましたので、
なんとなく白、一色です(笑)


まあ、それは良いのですが、
床が白だと、
とても気になることがあるんです。


それは・・・


毛。


私は剛毛ではありませんが、
比較的体毛は多いほうだと思います。

なので、いろんな抜け毛が
床に散らばるんですね。


これが、目立つ目立つ(笑)


しかも今、床に座る生活をしていますので、
気になってしかたがないんですね。

それで、50年以上生きてきて
初めてのことではありますが、
これを習慣としました。


「家を出る前に、毎日掃除機をかける」


人によっちゃ
息をするように当たり前のことかもしれませんが、
私は今までそんなこと、
したことが無かった。


カーペットの敷いてあるマンションで生活したときは、
全く不快に感じなかったせいか、
入居から退去まで
一度も掃除機をかけませんでしたから・・・(笑)


本来は、それでも平気な人間なのです。


しかし今は、少しの毛でも気になります。
なので、毎日掃除機をかけることにしました。


狭い部屋ですから、苦にも感じません。


これは良いことですね。
我ながら、初めての経験で、
良いことをしているなと感じます。

ミニマリストなら洗濯は毎日

洗濯は毎日します。
これはわりと最近身に付いた習慣ですので、
現在は普通にやっています。

洗濯を毎日やると、
何が良いかって、
下着が少なくて済むんですね。

以前はTシャツも20着以上持ってましたが、
完璧に毎日洗って毎日乾くなら、
2着で充分なんです。

まあ、何らかの事情で
洗濯しない日もありますから、
流石に2着では足りませんが、
今は、Tシャツ、パンツ、靴下は
5着前後で揃えています。

下着。これで全部。


これ以上は不要ですね。

無駄に多く下着を持たないようにするには、
毎日洗濯はマストです。

お風呂では水切りワイパーを使え

以前でしたら、ユニットバスで
シャワーを浴びたあと、
そのままにしていて、
換気扇を回しっぱなしにしていました。


でも、これでもカビは発生するんですね。

カビは掃除がめんどくさい。

それで、風呂に入るたびに
水切りワイパーで、
水滴を流すようにしました。


そして、バスマットで毎回ざっと拭く。


バスマットも毎回洗濯します。
敷きっぱなしのバスマットは
必ず汚れのもとになりますので。


なので、これも2枚用意して、
毎日取り替えます。

こうやっていれば、たぶん掃除しなくても
きれいな状態を保てるんじゃないかしら。



もうちょっと続けてみなければ解りませんが、
少なくとも、
ジメジメして不快なことはありません。

こんなの今まで
やったことはありませんが、
なんか水切りワイパーで流すのが気分が良くて、
なんとなく続いています。


これも良い習慣ですね。

必要なもの以外は出さない

部屋が超狭いので、
物が出ているとあっという間に
生活スペースを侵食します。


なので、使い終わったものなど、
すぐ仕舞うようになりました。
ゴミもすぐに捨てる。


玄関でも、サンダル以外の靴は
すぐに下駄箱に仕舞います。

靴も全部で3足しかないんですけどね(笑)



「必要なもの以外は出さない」

これはたしか本で読みました。

『トヨタの片付け』

に書いてあったと思います。



広い部屋に住んでいると、
そういうことは考えもしないんですよね。
普通なら当たり前に
出しっぱなしにすると思います。


狭いが故に、片付けを実行するようになりました。
良いんじゃないでしょうかね。


まだこれらもやり始めて3週間程度ですから
これからどうなるかわかりませんが、
今のところいい感じで続いています。

今後一生定着すれば良いな、なんて考えています。

「気持ちの良い部屋に住む」

そういう体験を積み重ねたいのです。


こっちに引っ越してきて、
心に決めていること、それは


「体験をする」こと。


もう、この先人生も短いのです。
いろんな体験をしたい。
お金や地位、名誉などは追いかけずに
自分を体験させることを優先したい。

そう思って生活しております。

ささ、次々行こう(笑)

コメント