「買う理由が、値段なら買うな」~夏服の断捨離

お金の話

おはようございます。

元三郎です。

冬がもう近づいているので、
防寒着等を引っ張り出して、
準備をいたしました。


分厚くて完全防寒の
ヘビーなアウターがいくつかあって、
こんなに重い服など、
できれば着たくないなと、
思った次第です。

ま、北国じゃ
無理な話ですけどね(笑)

スポンサーリンク

ショートパンツを捨てました

さて、仕舞った夏服の中で、
今年、履かなかった
ショートパンツがありました。


もうこれ、捨てよう。

断捨離!

左の紫の奴は、
H&Mで買ったもので、
さほど回数は履いてません。


どこも破損箇所は無くて、
まだまだ余裕で履けます。


が!


心のどこかで
「履きたくないな」と、
思っている自分がいて、今まで
だましだまし履いていたのでした。


そもそも色が好みじゃないし、
素材も厚手のパイルっぽいもので、
夏向きなのか?
冬向きなのか?
ちょっと微妙な感じです。


なんで買ったか?といえば、
たまたまH&M寄ったときに
セールをやっていて、
500円で売っていたので、
値段に釣られて購入した感じですね。


確かにその時は
ショートパンツも無かったし、
あれば便利と思って買いました。


一年履きましたが、
やっぱり、色と素材が微妙でした。


そんな、
値段が安いから、と言う理由で
買った服などに、
良いことはありませんね。


こんまり流の

「ときめく」か?
「ときめかない」か?

で言えば、完全に
「ときめかない」服です。


今年は、
スポーツクラブで履く用のを買って、
ずっとそれを履いていましたので
(スポーツクラブは行かなくなっちゃった・・笑)
もう履かなくなってました。


まだまだ履けますが、
感謝して捨ててしまいましょう。


今までありがとう。


そして、できれば
「安いから買う」という
下劣な習慣も一緒に
捨ててしまいたい。


そう思います。

「買う理由が値段なら買うな」


そういえば、
誰かが言っていましたね。


「買う理由が、値段なら買うな」
「迷う理由が、値段なら買え」
と。


そもそも貧乏性が
骨の髄まで染み込んでいる私は、
常に安いものを追っていますから、
安いものしか買いません。


それが当たり前なのですが、
そんな習慣も辞めたいですね。


ミニマリスト的思考を身に着けてから、
買い物はする機会が
ぐっと減りましたが、
それでもまだ、
安いものから探していってます。


先日のメガネもそうでしたが、
値段で選ぶと失敗することが多い。


買ったあと後悔しないためにも、
もっと、吟味する必要がありますね。


購入の際にも

「ときめく」か?
「ときめかない」か?

を考えたら良いのかも知れない。


もっと買い物上手になって、
お気に入りに囲まれるように
なりたいものですな。

コメント