小屋の解体を始めます

掃除

我が家の庭というか
家の前の敷地には
小屋がいくつかあります。



なぜいくつもあるのか?
が謎なのですが(笑)


考えてみれば、親父は
小屋的なものをいくつも
作っては壊し作っては壊し
していました。


自営業で必要だったから、
という理由でしょうが、
あまりにも無駄過ぎます。


結局死んだ後、
残したボロ小屋を整理するのに
多大な労力を使うことになるのです。


死ぬときは何も残さずに
きれいに死にたい。
本当にそう思います。

スポンサーリンク

倒壊寸前です

この小屋はもう完全に腐っていて、
倒壊寸前です。


台風なんかで
いつ吹き飛んでもおかしくありません。


かなり危険な状態なのです。


で、見かねたお隣さんが、
解体を勧めてくれました。


解体したら、出た廃棄物は、
仕事のときに一緒に廃棄してあげるよ、と。


助かる〜〜〜。


解体はできるのですが、
その後の産廃をどうしたらいいのか、
困っていましたから・・・。


産廃処理ができるのなら、
早めに解体したほうが良い。

そう思います。

簡単に掃除

まずは昨日、
簡単に中のものを出して、
準備を始めました。


ほぼゴミしかありません。


というより、
ゴミを置いていたとしか思えない。



親父は、
掃除の全くできない人間だったので、
まず、捨てるということをしない。


全部貯め込む人間でした。


実際この小屋からも、
私が子供の頃にあったものが
ぐちゃぐちゃに腐って出てきました。


「何故捨てない!?」


本当に迷惑です。


更に、親父は
石を収集する癖があり、
なんのために集めていたのか
さっぱりわかりません。


価値があるものなのか、
なにかに使うつもりだったのか、
いずれにせよ、かなり迷惑なゴミです。


こんなのを残して死ぬような
迷惑千万なことは、
私はしたくないと、
心から思いました。

ミニマリストは良いですね

それを考えると、
やっぱりミニマリストって
良いですね。


私も昔はものが多い方だったので、
ミニマリストを知って、
実践して本当に良かったと思います。


ものが多くて良いことは何一つない。


今なら断言できます。


いづれここは
出ていくつもりでいますが、
それまでに、もっともっと
減らしていきたいと思っています。

コメント