降る雪の、最初の一粒を見たことがあるか

日記

今朝起きたら、
雪がちらほらと降っていました。


ほんの少しの雪です。


こっちの雪は、
降る時は、死ぬほど降るので、
情緒のかけらもありませんが(笑)
こんな風に、ほんの少しだけ降ると、
なにげに風情があって良いですね。


これを見た時に、
昔、京都に居た頃の事を思い出しました。

ちょうど20年ぐらい前の話です。

スポンサーリンク

京都祇園の雪


20年ぐらい前に、
1年半ほどの間、
京都に住んでいたことがあります。


仕事の都合で
京都に引っ越したのですが、
今思えば、若かったんだなと思います。


単身、全く見知らぬ土地に、
ろくに蓄えもなく行ったのですから。


今なら不安だらけで、
なかなか行動に移せないと思います。


住んだ場所は祇園の直ぐ近く、
歩いても10分ほどのところ。


職場から家まで、
祇園の街を突っ切って歩いていました。


当時は、祇園の町並みに
感銘を受けることもなく、
ただ仕事だからその道を通っていただけで、
もし観光で行ったなら、
とてもキレイな町並みに、
感動したことでしょう。


ただ歩いてみるだけでも、
何かしら情緒あふれる町並みですからね。


ある冬の日、
いつも通りに、
仕事終わりに祇園の街を通っていました。


仕事は深夜に及ぶので、
帰りはいつも午前2時頃です。


昼は賑やかでも
深夜はシンと静まり返って
私の足音だけが聞こえます。


ちょうど、建仁寺のあたりを
歩いていた時でした。
京都の冬は、盆地故に
底冷えのするなかなかの寒さ。


うつむき加減に
地面を見ながら歩いていると、
ふと、小さな白いものが
一つ落ちてくるのを発見しました


「?」


「なんだろう?」


そう思ってふと上を見たときです。


ぶわ〜〜〜!!


っと雪が降ってきました。


真っ暗な空から、
一面の雪が、
まるでライトアップされたかのように
光りながら落ちてきました。


まさに自分が光の粒に
包まれていく、そんな感じ。


あの時の空の美しさは忘れません。

初音ミク 「粉雪」
イメージ映像




町並みは一瞬で雪模様に変わり、
あまりの瞬間的な出来事に
しばし呆然として、
立ち尽くしていました。


それぐらい、キレイな、
一瞬の出来事でした。


よく、演劇の舞台で、
雪を降らす時は
最初に、2〜3粒の雪を降らすと思います。


そして、それから徐々に
雪の量を増やしていく。

なんでもない光景ですが、

ほんとに

自然で、

あの状況を見れたのは、
とても良い体験でした。


「本当にああなるんだな」


そう思いながら
帰り道を歩いた事をおぼえています。

京都でなければ見れない光景
ではないのかもしれませんが、

京都、

という街の景観も相まって、
より美しく感じたのかもしれません。

今でも忘れない、
ほんとに良い体験です。

コメント