今年初の新巻鮭を食しました

料理

いよいよ本格的に寒くなってきて、
昼でも暖房をつけないと
居られなくなってきました。

家の前の木は
今が紅葉です。


夏と秋は一瞬。


北国はこれから、
長い長い冬に入ろうかと
いうところです。

スポンサーリンク

今年初の新巻鮭を買いました

魚屋さんを覗きました所、
新巻鮭が並んでいました。

流石にもうそんな季節だね。

大きさが極小だったので、
半身で550円という
破格の安さでした(笑)


私は一人暮らしですので、
こういうのは小さいほうが良いんですね。


それでも4〜5食分は取れそうです。




今年初となる新巻鮭を購入して、
超スタンダードな朝食を食べました。


鮭、納豆、キャベツの千切り、お新香、味噌汁

べた過ぎますね(笑)
それでも、これが美味しい。

それは、この辺の鮭がとびきり美味しいからです。

田舎の美味しいもの

私の住んでいる地域は、
津波の被害のあった、
三陸地方です。


これからの時期、
この辺は美味しいものが増えます。

サンマ

サンマ


サンマはもう始まっていますが、
今年は大不漁のようで、
そんなに盛り上がってませんね。


ちょっと小振りなものでも、
まあまあな値段です。


ま、今は冷凍のサンマが
年中食べれますので、そんなに
季節感を感じなくなりましたけどね。


サンマの刺し身がスーパーにも
並ぶようになりましたので、
一度食べておかないといけませんね。


サンマの刺し身も、この辺は絶品です。


おふくろがよく作ってくれた刺し身は、
並べたサンマの上から、
生ニンニクと生姜を
すりおろしてかけちゃう。


そして、そこに刻み海苔もかけて
醤油で食べる、というものでした。


そんな食べ方、東京では
一度も見たことがありませんから、
かなり珍しいと思います。


そうだ・・・・こんどそれやろうかな(^^)
良いネタですね(笑)

新巻鮭

新巻鮭


新巻鮭は、地元の物は、
昔に比べたらかなり高級品になりました。

子供の頃はこんなに高くなかったけどなあ。

スーパーでも、地元産の新巻鮭は、
値段が一回り違うんですね。


10切れでも数千円する。
そんな高級品、滅多に食べれませんよね。


今回買ったのは、市場直送の魚屋で、
スーパーでは売り物にならないような
小さな魚を安く並べてるとこなんですね。


だから安かったのです。


故にいつもあるわけじゃない。


たまに覗くと宝探しの気分で
楽しいです(^^)


極小のノドグロ、4匹で110円!!

買っときゃ良かったと後悔(笑)

鮭買ったから見送ったんですけどね。


新巻鮭に関しては、
私は地元のものが
日本一美味しいと思っています(笑)


東京で食べた鮭は、
この辺の物の足元にも及びません。


なので、今日食べた朝食でも、
私的にはごちそうです。


東京じゃ食えませんから。


ずっと不思議に思っていたのですが、
この地元産の新巻鮭、
都内で出回らないんですね。


なんでだろう?


生産量が少ないんでしょうかね?
地元でしか食べられませんので、
こればっかりは、田舎で良かったなと思います。

ウニ、イクラ

ウニ・イクラ

ウニ、イクラも良いですが、
これは流石に高い!


高すぎて、何年も食べてません(笑)


それでも、10年ぐらい前は
まだ手の届く値段だったんですけどねぇ。


最近はもう、低所得者には
厳しい食べ物になりました。


これも、この辺の物は
都内のものと全然違います。


上京したての時は、
「東京じゃイクラは食えん」
と息巻いていましたからね(笑)


それにしても、子供の頃は、
正月は毎日イクラ飯を
食ってた気がします。


基本味付けは家でやるので、
生のイクラを買ってきてましたね。


なので、量が多い。
一回に1キロ以上は仕込んでました。


懐かしいです。
これも、今年の冬は
やってみましょうかね。

まとめ

その他にも、この辺の冬の
美味しい食べ物はたくさんあります。


東京じゃ食べれなくて、
この辺では普通に食べているもの、
そんなものをこれから、
紹介していきたいですね。

軒先の新巻鮭

コメント