リメイクシートの失敗 〜 シワはドライヤーで治す

掃除

前回やったリメイクシートでの
壁の張替えですが、
やっと残り半分が終わりました。


部屋全体が明るくなって、
とても気持ちいいです。


壁紙がとても汚くて、
精神衛生上も良くなかったので、
綺麗になって、居心地が良いです。

リメイクシートで壁を貼りました
リメイクシートで壁を貼りました2


しかし、相変わらず
貼り方が下手くそで、
派手にシワや気泡が出来てしまいました。


これを、
ドライヤーを当てたらなんと、
結構綺麗に取れました。


上手に貼れなかったことで、
イライラしたりもしたのですが、
これだけ治るなら、
そこまで気分を悪くしなくても済みますね。


そんな話です。

スポンサーリンク

シワはドライヤーとローラーで治る

さて、実は前回やったときも、
シワになったところに
ドライヤーを当てたのですが、
確かにピッタリとはくっつくのですが、
シワが目立ってしまって、
こんなもんかな?と、思っていたのです。

リメイクシート失敗のシワ
リメイクシートの貼り方に失敗してできたシワ
ドライヤーを当てた後
ドライヤーを当てると、ピタッとなるけど
ちょっとシワが目立つ


ところが、もう一度やってみたら、
判明しました!


もっと長時間
当てていなければならなかったのです。


シワの部分にドライヤーを当てると、
素材が縮んで、キュッとなります。

ここで止めたら駄目で、
さらに当て続けます。


するとだんだんシワが
目立たなくなってきます。
ここで、ローラーを当てると、
あら不思議!?綺麗に無くなります。


流石にかなり大きなシワは
無くなりませんが、
ちょっと失敗した程度のシワなら、
ぱっと見解らないぐらいにまでには
消すことが出来ました。


だいぶ下手くそな壁貼りでしたが、
これのおかげで、なんとか、
見栄えが悪くならずに済みました(笑)


わたし的には大発見です(笑)

リメイクシートのシワを取る

曲面や凸凹を貼るときもドライヤーで


リメイクシートは、
曲面に貼るときも
ドライヤーを使うと綺麗に貼れます。


貼る前に一旦温めて、
グーッと引っ張って貼り付けます。
すると、ピッタリとくっついて、
綺麗な仕上がりになります。


少しいびつな形凸凹のものに貼った時は、
温めながら貼った後にも
ドライヤーを当てると良いでしょうね。

DIY|カッティングシートの曲面貼りを見てみよう RESTA

後記


さて、ちょっと
時間のかかった壁貼りでしたが、
まあ、見た目
わからない程度には仕上がったので満足です。


かなり汚い部屋でしたが、
ストレスを感じない程にはなりました。


やはり綺麗なほうが良いですね。

以前の汚い壁
以前の汚い壁
汚い壁紙
以前の汚い壁
リメイクシート貼った後
リメイクシートを貼った後

コメント